お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

年をとったら終活や葬式のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。

 
例えばですけど、「どこでする?」「交際範囲は?」「重要な書類はどこ?」などなど。

なんとなく信頼できる人を使って聞いておくと後が楽です。

でも、いざとなったら、お金がないんですよ。
で、どうしたか?

 
全部節約です。

で、お金を借りて、葬式の香典で返した記憶があります。
 

葬儀費用がないので安くしたい

あなたは、費用がお安い《直葬》というやり方があることを知っていました?

直葬を選択した人の多い意見は「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。

意外にも、「葬儀はやりたくない」と考えてる人もも少なくないです。

様々な人たちの心の叫びのようですね。

 

お葬式の香典で費用はまかなえる

こういう、汚れたお金やくしゃくしゃの紙幣を用いるのも失礼になってしまいます。

香典に書くのは、仏教の場合御霊前、御香典、「御香料」でした。

葬式のマナーの一つが香典袋のお札。

住んでる所や宗教の関係もあったりしますがピン札は入れないという事はほとんど一致ということです。

お葬式に必ず必要な香典袋に入れるお金でミスしそうなことですが、新札を入れてはいけません。

ついやってしまいそうですが良くないことなので注意ですね。

お葬式っていうのは必ずするべきだという法律はある?これは、決められていません。

しかし、遺族の方は火葬する義務はあります。

なので、通常は葬儀社にお願いするしかないんですよ。

お通夜の時のピン札は、既に悲しいお知らせを分っている感じでやっぱり失礼です。

 

葬儀費用の目安はいくらですか

ということで、不祝儀には避けるべきとという常識もあります。

突然に親戚などの紹介の葬儀屋を決めるのは心配でしかありませんよね。

 
ボッタクリとかなら断るべきか?ですからネットでも安心できる大手がいいね。

心配なら大体の金額を調べておくのが大切です。

やることが多いのは大変だけど、騙されないで段取りよくやろうではありませんか。

どうしても香典に真新しいお札を使うなら数回折って折り目やシワをつけるならマナー違反にならないですね。

これなら失礼にならないですね。

 

更新日:

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.