お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

お金のかからない葬儀教えて!

投稿日:

お金のかからない葬儀教えて!

どんな努力も惜しまないけど葬儀ができないあなたへ

お金がなくて葬儀ができない

 

あなたのお通夜と告別式はどうしたいと思っていますか?私だったら簡潔にしていいとみんなに言いたい感じです。
ということは、お通夜も告別式もなくていい、非常に簡単な儀式でいいとすごく思うようになりました。
本当に。
分ったんですけど、費用がお安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬にした人の理由は「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。
また、「葬式はいろいろ面倒だから」と考えてる人もも少なくないです。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
葬儀に持っていく香典袋に包むお金で気をつけたいのはピン札はダメということ。
これはマナー違反になってしまうから控えましょう。
こういう、汚れた紙幣やしわしわの紙幣を使用することも礼儀違反ですね。
通常の葬儀ならお悔やみのために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
次は、葬式と告別式を実施する、という順番で送り出します。
それ以外にも、亡くなった人が高齢人とかだったら家族と近親者だけでやってしまう「家族葬」という選択肢もあり。
葬儀全体に掛かった費用は、アンケートによるとおおよそ190万円前後という数字が出てきたようです。
この数字は絶対必要ではなく、平均的な数字です。
当然これより高くなって驚いた人たちもいるわけです。
ですから、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)してしまうなど身内だけにして抑えることもできます。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実際は、そんな法律はありません。
ですが、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
ですから、通常は葬儀社にお願いするしかないんですよ。
葬式のマナーになるになるのがお香典のお札。
地域ややり方の関係もありますが新しい紙幣は使用しないという事はほぼ一緒です。
香典の表書きは、ほとんどの場合御霊前、「御香典」「御香料」が一般的。
近頃は葬儀式の形が変わりつつあります。
なんと、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、ここで終わる「直葬(ちょくそう)」が増えているとのこと。
いいことは、葬式のお金を抑えることや、参列者を無理に呼ばなくていいことなどです。
仕方なく香典に真新しいお札を入れるなら一度折って折り目などをつければいいかも。
これだといい感じですね。
お通夜の時のピン札は、何か逝去の知らせに備えていたようでやっぱり失礼です。
ですから、不祝儀には避けるべきとマナーがあります。
これからドンドン死亡年齢が高くなるになってきています。
ということは、知り合いも年寄りが多いということにになってるはず。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流も減っているので火葬だけでもいいて感じの結論が多いのです。
親の年齢も考えると葬式のことなどいずれやってきます、でもなかなか出来ませんよね。
少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
たとえば、「どこでする?」「絶対知らせたい人は?」「大事な書類の場所は?」とか。
やんわりと友人を使って何気なく聞くのも幸せかと。
いきなり病院で紹介された葬儀社を決めるのは勇気もいるし大変ですよね。
ボッタクリとかなら断るべきか?だからネットでも安心できる大手がいいね。
それと、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やることが多いのは分かっているけど、騙されないで平和にやろうではありませんか。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.