お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

火葬だけですがお金がありませんので安く葬式する方法

投稿日:

火葬だけですがお金がありませんので安く葬式

お金に対して罪悪感があるけど火葬ができないのでお金が欲しいあなたへ

葬式あげない

 

あなたの葬式はこうしたいなんて考えたことありますか?私は全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくてもややこしさなしの方法でかまわないと思っています。
マジで。
通常の葬式なら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
次は、葬式して告別式を一緒に行うという順番で送り出します。
また、亡くなった人が高齢人とかだったら家族と近親者だけで行う家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
葬式に必要な金額は、調査によるとおおよそ190万円前後という結果のようです。
コレはだいたいの平均的な数字です。
もっと高くなって驚いた親族も多いはずです。
ですから、通夜と告別式を1日で行う『直葬(ちょくそう)』でやってシンプルにして抑えることもできます。
お通夜に必ず必要なお香典の中に入れる紙幣で気をつけたいのは新しい紙幣を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですが失礼なので注意ですね。
葬式の時のピン札は、何か訃報を察知していたようで失礼にあたります。
ということで、お通夜には避けるべきとマナーがあります。
近年は葬儀式のやり方が変化してきています。
それは、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする「直葬(ちょくそう)」という方法も増加しているようです。
いいことは、葬式全体のお金を抑えることや、身内だけとか減らすことができる。
それから、汚れたお札やグチャグチャの紙幣を使用することも失礼という感じです。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?これは、法律のような義務はありません。
でも、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
ですから、ほとんど葬儀屋に依頼する方法しかないわけです。
親の年齢も考えると葬式のことなど考えるべきです、でもなかなか出来ませんよね。
少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例をあげると、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「保険とか大切な書類は?」など。
事前に友人を使って何気なく聞くと後が楽です。
突然に病院で紹介された葬式屋さんを決めるのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとか信用できないけど他がないとか?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのは大変だけど、騙されないで普通にやろうではありませんか。
どうしても香典に真新しいお札しかないなら一度折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これならマナーは守られてる感じ。
あなたは、全部シンプルな「直葬」って知ってました?直葬を選択した人の理由は「親の貯蓄がないから」っていう感じがほとんどかも。
また、「葬儀はやりたくない」という人も現実にいます。
色々な人の意見はあるものです。
不祝儀で避けたいことの一つが香典袋に入れるお金。
住んでる所や宗教の相違もありますがピン札は使わないという点はほぼ同じな感じです。
今以上にドンドン高齢化になってきています。
ということは、友だちや親戚も年齢が高い事態にになります。
ましてや、ご近所さんとの交流もほとんど無くなっているので家族葬でいいて感じの結論が多いのです。
香典袋に書くのは、ほとんどの場合御霊前、御香典、御香料ですね。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.