お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

火葬が代払えないときは誰かに借りるべき?

投稿日:

火葬が代払えないときは誰かに借りるべき?

行きあたりばったりの仕事しているから葬儀ができないあなたへ

葬式借金

 

あなたは、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選んだ人の理由は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「お葬式はめんどくさいから」と決めている人も現実にいます。
私の友人たちの意見はあるものです。
今以上にドンドン死亡年齢が高くなるになってきています。
ということは、友だちや親戚も年寄りが多い事態にになります。
それから、ご近所さんとの交流も減っているのは確かだから家族葬でいいて感じの結論が多いのです。
お通夜の時のピン札は、何か逝去の知らせを分っていると思われるようでやっぱり失礼です。
なので、不祝儀には向かないとマナーがあります。
不祝儀のマナーの一つが香典袋に入れるお金。
住んでる所ややり方の違いもあったりしますが新しい紙幣は入れないという事はほぼ同じということです。
あなた自身の葬式はどうしたいなんて考えたことありますか?私だったら全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、非常に簡単な方法でかまわないとすごく思うようになりました。
マジで。
いきなりネットで探した葬儀社を決定するのは心配でしかありませんよね。
全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?やっぱり事前に調べておくのがいいね。
心配なら相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やることが多いのはつらいけど、何があっても普通にやりたいものですね。
お香典の表書きは、仏教の場合御霊前・御香典・御香料、でした。
葬式に必要な金額は、アンケートによると平均で190万円前後という結果のようです。
この数字はだいたいの平均的な数字です。
もっと高くなって驚いた喪主の方もいます。
なので、「火葬式だけ」の『直葬(ちょくそう)』という方法で簡単にしてしまう事も可能です。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?実際は、そんな法律はありません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、通常は葬儀屋に依頼する方法しかないのです。
通常の葬式なら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を実施する、こういう流れでで送り出します。
でも、故人の年齢が高いとかならほんとの身内だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
近年は葬儀の形が次第に変わってきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする『直葬』という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬式の金額が低くなることや、参列者を限定できることです。
あまり考えたくないけど亡くなった後のことなど考えるべきです、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」など。
やんわりと信頼できる人を使って聞いておくのは必要ですね。
葬儀に持っていく香典の中に入れる紙幣で注意したいのは新札は使わないようにすること。
これはマナー違反になってしまいます。
そうですね、、汚いお金やグチャグチャの紙幣を使うのも失礼という感じです。
どうしても香典にピン札を使う時は一度折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これなら失礼にならないですね。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.