お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

香典を払うお金がない私の対処法とは

投稿日:

香典を払うお金がない私の対処法とは

将来が見えないからお金を貯めたいけどできなくて香典が払えないあなたへ

香典お金がない

 

あなたは、費用がお安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の多い意見は「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。
意外にも、「葬儀はやりたくない」と決めている人もいるようです。
私の友人たちの意見はあるものです。
香典に書くのは、仏教の場合「御霊前」「御香典」御香料、ですね。
普通の葬式だったらお悔やみのために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
だいたい次の日に葬式して告別式を一緒に行うという感じでで送り出します。
でも、亡くなった人が高齢人とかだったら身内とお世話になった人だけで行う「家族葬」という選択肢もあり。
あなた自身の葬式はこうしたい希望はありますか?私だったら簡潔にしていいとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、スッキリした儀式でいいと思っています。
マジで。
今以上にドンドン死亡年齢が高くなるがやってきます。
ということは、同僚も高年齢状況におちいってます。
ましてや、地域の人との付き合いもほとんど無くなっているのは確かだから火葬だけでもいいて感じの結論が多いのです。
不祝儀でしてはいけない事として大事になるのが香典に包むお札。
住んでる所や宗派の相違もありますが新札は使用しないという事はほぼ同じな感じです。
近頃は葬式のやり方が変わりつつあります。
なんと、通夜も告別式も実施せずに直接に火葬式をしてしまい、ここで終わる「直葬(ちょくそう)」もどんどん増えています。
期待されることは、葬式のお金を抑えることや、身内だけとか無理に呼ばなくていいことなどです。
お葬式に持参する香典袋に入れるお金で気をつけたいのは新札はダメということ。
こういうのは失礼なので注意ですね。
突然にネットで探した葬儀社を選ぶのは心配でしかありませんよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?だから事前に調べておくのがいいね。
心配なら相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やらないといけないのは分かっているけど、何があっても普通にやりたいものですね。
葬式に用意するお金は、調査によるとおおよそ195万円前後という感じなんだそうです。
コレはだいたいのいわゆる平均です。
当然これより高くなって驚いた親族も多いはずです。
ですから、通夜と告別式を1日で行う直葬(ちょくそう)でやって身内だけにしてしまう事も可能です。
葬式の時のピン札は、あたかも訃報に備えていたようで失礼にあたります。
なので、お通夜には向いていないと考えられています。
お葬式なんですが法律で決められた事なのか?実は、決められていません。
ですが、遺族の方は火葬する義務はあります。
ですから、通常は葬儀社に頼むしかないのです。
どうしても香典にピン札を入れる場合数回折って使った感じならいいんではないでしょうか。
これならマナーは守られてる感じ。
それから、汚れた紙幣やくしゃくしゃのお金を使用することも礼儀違反という感じです。
親の年齢も考えると亡くなった後のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例をあげると、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「大事な書類の場所は?」など。
事前に友人を使って何気なく聞くのは必要ですね。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.