お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

親の葬式ですがお金がないので困ってたけど借りました

投稿日:

葬式ですがお金がないので困ってたけど借りました

生活がすごく不安定で親の葬式代も払えないあなたへ

火葬お金

 

あまり考えたくないけど亡くなった後のことなど考えるべきです、でもなかなか出来ませんよね。
少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「重要な書類はどこ?」など。
事前にそれとなく聞き出すのは必要ですね。
すぐに病院で紹介された葬儀社を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?やっぱり事前に調べておくのがいいね。
心配なら内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのはつらいけど、いろいろあっても平和にやろうではありませんか。
これからすごく高齢化がやってきます。
ということは、知り合いも年寄りが多い状況にになります。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流もほとんど無くなっているのは確かだから火葬だけでもいいとなるわけです。
お香典の表書きは、ほとんどの場合御霊前・御香典・御香料ですね。
こういう、汚れたお金やしわしわのお金を用いるのもマナー違反という感じです。
分ったんですけど、全部シンプルな《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選んだ人の多い意見は「お金がもったいないから」という声が多かったとか。
意外にも、「お葬式はめんどくさいから」と決めている人もいるようです。
様々な人たちの考え方はたくさんありますよね。
お葬式に必ず必要な香典袋に入れるお金でミスしそうなことですが、新札はダメということ。
これはマナー違反なので注意ですね。
最近は葬式の形が変化してきています。
なんと、通夜や告別式を行わずに遺体を火葬場に送って、そこで最期とする『直葬』が増えているとのこと。
いいことは、葬儀の金額が低くなることや、出席者を限定できることです。
お葬式なんですが必ずするべきだという法律はある?実は、法律のような義務はありません。
しかし、遺族の方は火葬する義務はあります。
だから、ほとんど葬儀屋にお願いするしかないわけです。
お通夜の時の新しい紙幣は、あたかも逝去の知らせに備えている感じでやってはいけないことです。
なので、お通夜には避けるべきとマナーがあります。
一般的な葬式だったらお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
そして翌日に葬式して告別式を同じ日にやってしまうという感じでで送り出します。
それ以外にも、故人の年齢が高い人とかだったら家族と近親者だけですませる家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
葬儀に必要な金額は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ200万円前後という感じなんだそうです。
この数字はだいたいの平均的な数字です。
これ以上高くなって困った人たちもいるわけです。
ですから、「火葬式だけ」の直葬(ちょくそう)という方法で身内だけにして抑えることもできます。
お通夜のマナーの一つが香典袋に入れるお金。
地域や宗教の関係もあったりしますが新札は使わないという点はほぼ同じな感じです。
あなたの葬式は出来たらこうして欲しいなんて考えたことありますか?私なら葬儀なんていらないと強く言いたいです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくても非常に簡単な方法でかまわないとすごく思うようになりました。
本当に。
どうしても香典にピン札を使う時は1回以上折って折り目やシワをつけるならマナー違反にならないですね。
これだとマナーは守られてる感じ。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.