お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

お金がないので葬式あげないというのもアリですか?

投稿日:

葬式あげないというのもアリですか?

これ以上バカといわれたくないけどお金が少ないので葬儀代がないあなたへ

火葬代払えない

 

あまり考えたくないけど葬儀のことなどを考えることは必要です、でもなかなか出来ませんよね。
ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「重要な書類はどこ?」とか。
なんとなくそれとなく聞き出すのも幸せかと。
葬儀全体に用意するお金は、調査によるとおおよそ190万円前後という数字が出てきたようです。
コレは絶対必要ではなく、平均的な数字です。
これ以上請求がきて驚いた親族も多いはずです。
ですから、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)という方法で簡単にして簡略もできます。
葬儀の時のピン札は、既に悲しいお知らせを分っている感じで失礼にあたります。
ということで、葬儀には向いていないとという常識もあります。
香典袋に書くのは、仏教の場合御霊前・「御香典」「御香料」が一般的。
今からもっと高齢化になっています。
ということは、友だちや親戚も年寄りが多い状況にになってるはず。
ましてや、近所との付き合いも少なくなっているのは分かっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
すぐに親戚などの紹介の葬儀社を決定するのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかなら断るべきか?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
心配なら相場をあらかじめ知っておくことは大事。
突然なので全てやるのは分かっているけど、何があっても平和にやろうではありませんか。
それから、薄汚れたお金やしわしわのお札を使うのも礼儀違反になってしまいます。
最近は葬儀式のやり方が変化してきています。
なんと、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、ここで終わる『直葬』もどんどん増えています。
いいことは、葬儀の金額が低くなることや、参列者を減らすことができる。
あなたは、費用がお安い「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の考えは「親の貯蓄がないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「お葬式はめんどくさいから」という人もいるようです。
色々な人の考え方はたくさんありますよね。
お通夜に必ず必要な香典の中に入れる紙幣でミスしそうなことですが、新札は使わないようにすること。
こういうのは失礼なので注意ですね。
不祝儀のマナーの一つが香典のお札。
地方や宗教の相違もあったりしますが新しい紙幣は入れないようにすることはほぼ一致ということです。
一般的な葬儀なら亡くなった人のために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
そして翌日に葬式と告別式を一緒に行うという感じででお別れとなります。
でも、故人の年齢が高い人とかだったらほんとの身内だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
自分の葬式はどうしたい希望はありますか?私なら簡潔にしていいとみんなに言いたい感じです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくても非常に簡単な方法でかまわないと思っています。
本当に。
お葬式っていうのは絶対しなければならなないという法律がある?実際は、決められていません。
でも、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
だから、ほとんど葬儀屋さんに依頼する方法しかないわけです。
仕方なく香典に使っていないお札を入れる場合一度折って折り目などをつければいいかも。
これだといい感じですね。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.