お金がなくて葬儀ができない

お金がなくて葬儀ができない時に葉どうします?

葬儀費用

貯金もないので葬式できないなら借金してもするの?

投稿日:

葬式できないなら借金してもするの?

真面目な性格が取り柄だと思っていたけど葬式の費用が払えないあなたへ

お金のかからない葬儀

 

お葬式っていうのは絶対しなければならなないという法律がある?これは、決められていません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
ですから、実際は葬儀社に頼むしかないわけです。
葬式の時の新しい紙幣は、何か訃報を分っていると思われるようで失礼にあたります。
なので、不祝儀には避けるべきと考えられています。
通常の葬式だったら故人をしのぶために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を同じ日にやってしまうという感じででお別れとなります。
それ以外にも、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけで行う家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
香典の上の部分の文字は、どの宗派でも御霊前・御香典、御香料、ですね。
お通夜に持っていくお香典に包むお金で注意したいのは新札を入れてはいけません。
これはマナー違反になってしまうから控えましょう。
いきなり親戚などの紹介の葬儀社を決定するのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それと、大体の金額を調べておくのが大切です。
やることが多いのは大変だけど、何があっても普通にやりたいものですね。
今以上にドンドン死亡年齢が高くなるになっています。
ということは、友だちや親戚も高年齢状況にになってるはず。
それから、ご近所さんとの交流も少なくなっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
葬儀に用意するお金は、調査によるとおおよそ190万円前後という感じなんだそうです。
この数字はあくまでもいわゆる平均です。
当然これより掛かって払えない親族も多いはずです。
そういう時は、火葬だけを行う直葬(ちょくそう)という方法で身内だけにして抑えることもできます。
仕方なく香典に使っていないお札しかないなら数回折って折り目などならいいんではないでしょうか。
これならいい感じですね。
あなたは、費用がお安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選択した人の理由は「親の貯蓄がないから」というのが大半だとか。
意外にも、「葬儀はやりたくない」と考えてる人もも少なくないです。
私の友人たちの意見はあるものです。
そうですね、、汚いお金やしわしわのお札を使用することも失礼になってしまいます。
親の年齢も考えると亡くなった後のことなどいずれやってきます、でもなかなか出来ませんよね。
なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
たとえば、「どこでする?」「絶対知らせたい人は?」「重要な書類はどこ?」とか。
なんとなく信頼できる人を使って聞いておくのも幸せかと。
近頃は葬儀の形式が変化してきています。
目立つのは、通夜や告別式を行わずに直接に火葬式をしてしまい、ここで終わる『直葬』という方法も増加しているようです。
メリットは葬式全体のお金を抑えることや、出席者を限定できることです。
お通夜のマナーになるになるのが香典袋に包むお札。
住んでる所や宗派の違いもありますが新札は使わないという点はだいたい一緒な感じです。
あなた自身の葬式は出来たらこうして欲しいと思っていますか?私なら簡潔にしていいと強く言いたいです。
つまり、お通夜も告別式もなくていい、スッキリしたやり方でいい最近思っています。
マジで。

 

-葬儀費用

Copyright© お金がなくて葬儀ができない , 2019 All Rights Reserved.